古物商許可

リサイクルショップや古本屋、古着屋、中古車屋などの古物を販売する事業を行うには古物商許可を取得しなければなりません。

 

これは古物の売買、交換時に盗品等が混入するのを防ぐためです。

 

インターネット上で販売を行う場合にも取得しなければなりません。

 

古物商許可は警察署に対して行うこととなっており複数の都道府県に営業所がある場合はそれぞれの都道府県で許可を取得する必要があります。

 

許可要件

古物商許可を受けるためには下記の要件を満たす必要があります。

 

①営業所に管理者を設置すること

管理者となるのに資格は特に必要ありません。経営者が就任してもOKです。

 

②欠格要件に該当しないこと

法人の場合には監査役を含む役員の全て、個人の場合は事業主が次の要件のいずれにも該当しないことが求められます。

  • 成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない者
  • 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることのなくなった日から5年を経過しない者
  • 住居の定まらない者
  • 古物営業の許可を取り消されて5年を経過しない者

 

申請に必要な書類

書類名 備考
古物商許可申請書  
誓約書   
略歴書 最近5年の略歴を記したもの
住民票の写し 本籍記載のもの
身分証明書 本籍地を管轄する市区町村役場で発行
登記されていないことの証明書 法務局にて発行
登記事項証明書 法人の場合必要
定款の写し 法人の場合必要

長崎の古物商営業許可は当事務所にお任せください

長崎の古物商営業許可はうみべ行政書士事務所にお任せください!お忙しいお客様に代わり古物商営業許可申請を代行いたします。

ケースにもよりますが報酬額目安は35,000円からとなっております。

長崎市以外(時津・長与・諫早・大村・島原・佐世保・平戸など)への出張相談も承りますのでお気軽にご相談ください!